藤岡信勝研究
「新しい歴史教科書をつくる会」前会長、元拓殖大学非常勤講師の藤岡信勝先生の業績や関連団体について多角的に研究
200903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200905
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かつて「新しい歴史教科書をつくる会」の副会長を務めておられた濤川栄太さんが15日に亡くなられました。ところで、濤川さんが10年前に「つくる会」を辞められる過程ではとっても奇妙な出来事が起きてます。下に載せたのは『噂の真相』平成11年8月号の記事です。
113.jpg

地方支部づくりを担当してた濤川栄太さんの出張に同行した秘書が愛人だとか“信者”だとかいうゴシップ記事ですね。濤川さんのスケジュールは「つくる会」本部関係者の人しかわからないはずですが、誰かが『噂の真相』にタレこんだようです。
 
濤川栄太さんが辞めたのは、地方支部づくりを濤川さんが主導してることが気に入らない藤岡信勝先生との対立の結果ですが、以下、小林よしのりさんの『新ゴーマニズム宣言8』(小学館文庫)から一部抜粋させていただきます((C)Yoshinori Kobayashi 2004)。
114.jpg
藤岡信勝先生の支持者が『噂の真相』の記事を使って怪文書を流しました。
 
115.jpg
藤岡先生が濤川栄太さんへの批判を言いふらしてたからです。
 
116.jpg
喧嘩両成敗で藤岡信勝先生と濤川栄太さんの両方が副会長を降りるよう提案があって、それに対して濤川さんは藤岡先生に話し合おうと呼びかけたのですが、藤岡先生は怨念のこもった顔で拒否しました。
 
117.jpg
濤川栄太さんは怒って会を辞めると宣言したのですが、西尾幹二先生は藤岡信勝先生に「あなたこそ辞めろ」と言いました(貴重なシーンですね)。
 
118.jpg
最終的に2人とも副会長を降りたのですが、濤川栄太さんは理事も辞めたのに対し、藤岡信勝先生は理事に残れて無邪気に喜んだわけです。
 
以上引用した小林よしのりさんの作品は、3年前の内紛の話じゃなく、10年前の平成11年7月の出来事です(その3年後には小林よしのりさんも追放されました)。何が言いたいかって言うと、「つくる会」は昔から藤岡信勝先生が中心になって同じことを繰り返してるんだなあということと、実は怪文書は藤岡先生の支持者の手法だということです。
 
八木秀次さんに先駆けて被害に遭われた濤川栄太さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
扶桑社に縁を切られた「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)の発行元「自由社」の中学校歴史教科書は、516か所も検定意見を付けられて去年12月に不合格になった後、“追試”できょうようやく合格しました。“追試”でもまた136か所検定意見が付いたそうなので、合計652か所です。びっくり日本新記録。検定申請の次はギネスに申請したらどうでしょうか。
 
つくる会のホームページでは、たくさんの欠陥が指摘されたことも、一度不合格になった事実も隠蔽されてます。
http://www.tsukurukai.com/01_top_news/file_news/news_250.htm
  
で、ようやく合格させたもらった教科書の内容はというと、前回エントリで心配してあげた通り、藤岡信勝先生はヘタレでした。偉そうなことを言ってたくせに「南京事件の犠牲者はゼロだ」も「慰安婦の強制連行はなかった」も「沖縄戦の集団自決は軍命令によるものではない」も載ってないそうです。
  
要するに扶桑社版の丸写し。著作権侵害です。
 
211.jpg
「細かな文章表現まで扶桑社版とほぼ同じ内容になっている」
朝日新聞 http://www.asahi.com/national/update/0409/TKY200904090101.html
 
「扶桑社版と自由社版では構成やほとんどの記述が同じ」
毎日新聞 http://mainichi.jp/life/edu/news/20090409k0000e040023000c.html
  
「扶桑社が発行する中学歴史教科書と記述の約8割が共通している」
産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/life/education/090409/edc0904091108000-n1.htm
 
丸写しなのに、なぜ膨大な検定意見が付いたかというと、藤岡信勝先生は毎日新聞でこう言い訳してます。
 
「コンピューターの誤作動が原因」
 
藤岡信勝先生は内紛で相手を追い落とすときに「会員管理用のコンピューターブログラムに不具合があるのは事務局長のせいだ!」と言ってたそうですが、また「コンピューター問題」ですか?
 
知ってますよ。「コンピューター」ってスキャナーのことですよね。扶桑社の教科書を複写するときに文字化けしたんですよね。
 
でも検定に出すときにチェックするのは人間でしょ? ヒューマンエラーなのに、なんで「コンピューターの誤作動が原因」と言い張るのかな。「ボクちゃんは謀略の被害者だ!」「裁判に負けたのは裁判官が悪い!」っていうのと同じで、なんでも他人のせいのするのが「つくる会クオリティー」なんでしょうかね。
 
自由社版教科書のことは、これからは「スキャナー教科書」と呼ばせていただきま~す。

-----------------------------------------------------------------------------
 
このエントリをアップしたら、コメント欄に
<検定意見のほとんどは「誤字」だと報道されております。実際には「誤字」ではなく「異字」で、文部科学省の方針に従って全て教育漢字を使いなさいということです。いわゆる旧字体、つまり正字を使ってはならんという意見です>
って書き込んだ方がいます。
 
自由社の関係者の方かと思ったら、自分のブログで韓国からの抗議について
<かくゆう私も、読んでいない。読んでいないものを擁護するのも変だが、そこら辺は直感的に自由社の教科書に分があると思う>
って書いてます。
 
正字で通したから不合格になったなんて、当のつくる会も言ってないし、メディアも伝えてません。白表紙本を持ってるらしい俵義文さんたちの「共同アピール」にも載ってません。
 
毎日新聞の記事をもう少し詳しく引用すると、
<藤岡会長は「確かにそうだと思える指摘がほとんど。史実が正確になり質が向上した」と話している。単純ミスが多かったことについては「コンピューターの誤作動が原因」とした>

です。

「正字をたくさん使ったら見解の相違でいったん不合格になった」なんて言ってませんよ。「コンピューターのミスで誤字だらけになりました。文科省さんありがとう」って感謝してるんですよ。

そもそも正字が認められなかったからって、膨大な検定意見が付いたことの言い訳にもなりません。
 
別にその人と喧嘩するつもりはありません。いろんなデマを考える人の被害者ですから(デマ宣伝は削除させていただきました)。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。