藤岡信勝研究
「新しい歴史教科書をつくる会」前会長、元拓殖大学非常勤講師の藤岡信勝先生の業績や関連団体について多角的に研究
201004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(注)このエントリの初出はイザ!ブログです。

産経デジタルが抗議に弱いという話を以前書いたことがある。
 
■拙ブログ昨年10月16日付
 
今度は、前回エントリのリンク先
 
■スク ープ! 藤岡信勝は肩書を詐称している
http://akiko.iza.ne.jp/blog/entry/1621250/
 
が、きのうから閲覧不能だ。
 
■ブログ「「正統保守の敵「つ くる会」一部首脳を追撃します」
http://akiko.iza.ne.jp/blog/
自体が見ることができない。
 
リンク先に書いてあったことを整理すると、
 
・「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝会長は、拓殖大学を昨年3月に退職し、

 その後は非常勤の客員教授でしかない(拓大ホームページの教員検索で容易に

 確認できる)。
・ところが、昨年4月以降ずっと「拓殖大学教授」の肩書で論文などを発表し続けて

 いる。例えば
 『WiLL別冊 歴史通』平成21年7月号
 『正論』平成21年8月号
 『WiLL』平成21年8月号
 『正論』平成21年10月号
 『WiLL別冊 歴史通』平成21年10月号
 『WiLL』平成21年12月号
 『産経新聞』平成21年7月8日付
 『産経新聞』平成21年10月24日付
 『産経新聞』平成22年2月1日付
 『産経新聞』平成22年5月24日付
 等である。チャンネル桜などにも「拓殖大学教授」で出ているし、「つくる会」ホーム

 ページでも「拓殖大学教授」と紹介されている。
・そして文部科学省の検定に合格し税金で子供たちに配られている中学校歴史教科

 書の奥付にもその肩書きを記載している。
・言うまでもなく「客員教授」は「教授」ではない。こういうのを肩書詐称という。

 
よほどこたえたので、産経デジタルに訴訟をちらつかせて猛烈に抗議したのだろう。しかし言論弾圧はいただけない。
 
産経デジタルに聞きたいが、上記リンク先の記述のどこが間違っているのか。
 
拙ブログについても弾圧はお断りする。
 
(これをお読みになった方は念のため保存していただきたい)
スポンサーサイト
当「藤岡信勝研究」にとって決定的なニュースが飛び込んできた。さすがにわれわれも藤岡信勝がここまで非常識だとは思わなかった。拓殖大学を退職して客員教授(非常勤)でしかないのに、「拓殖大学教授」と肩書を詐称し続けているのだ。(下記リンク参照)
 
■スクープ! 藤岡信勝は肩書を詐称している
 
元日本共産党員の藤岡信勝は、自らの離党が平成13年であるという公安当局のデータを否定し、「離党は1991(平成3)年だ」と弁明していた。
 
そして、平成13年離党データをネット上で公表した西尾幹二ではなく、八木秀次氏に損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。
 
訴訟代理人は「東大原研出身で合同結婚式にも参加した福本修也弁護士」(下記参照)である。
 
■拙ブログ昨年10月16日付
 
そして1審東京地裁、2審東京高裁、最高裁とすべて全面敗訴している(下記参照)。
 
■拙ブログ一昨年11月1日付
■拙ブログ昨年8月27日付
■拙ブログ今年1月15日付
 
八木氏の関与も、周辺の関与も全く認定されなかった。藤岡信勝の主張する「1991年離党」も認定されなかったのだ。
 
なのに藤岡信勝は、八木秀次氏にも、世間にも全く謝罪していない。
 
教授の肩書を詐称するという、学者としてあってはならないことを平気でしているくらいだから、日共離党時期についても(現在離党しているかどうかも含めて)信用できるわけがない。
 
そもそも拓殖大学は最高70歳までいられるはずだ。65歳で辞めさせられた理由は何なのか・・・。
 
というわけで、肩書詐称事件に関する情報を広く募集します。例えば、昨年4月以降に「拓殖大学教授 藤岡信勝」の名刺や郵便物をもらった人など。その他、ささいな情報でも結構です。下記までご連絡いただければ幸いです。

groupe1984@livedoor.com
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。