藤岡信勝研究
「新しい歴史教科書をつくる会」前会長、元拓殖大学非常勤講師の藤岡信勝先生の業績や関連団体について多角的に研究
201103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201105
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
扶桑社版を継承する育鵬社の中学校歴史・公民教科書の市販本が28日に発売されたので買ってきた。さすが渡部昇一先生監修の教科書で、正統保守待望の内容だ。

一方、「新しい歴史教科書をつくる会」というサークルの会長である藤岡信勝拓殖大学客員教授(サークルのHPで教授と詐称)が代表執筆者を務める自由社版歴史教科書の市販本も発売された。

買わなかったが、つくる会会員が送ってくれた。読まなかったが、ネットで批判が出ていたので見てみた。なるほど、つくる会会員が「西尾幹二先生が嘆く内容だ」と言うのもうなずける(もっとも西尾幹二は執筆者に名を連ねているから嘆く資格はないが)。
 
藤岡信勝は南京大虐殺の虚構を訴えるのをやめたらしい。自由社版歴史教科書の記述はこうである。

遂に南京虐殺を認めた藤岡信勝

南京占領の際に、日本軍によって中国の軍民に多数の死傷者が出た(南京事件)。


現行の自由社版は「このとき、日本軍によって、中国の軍民に多数の死傷者が出た(南京事件)。なお、この事件の犠牲者数などの実態については資料の上で疑問点が出され、今日でも研究が続いている」である。
 
今回の自由社版は「なお、この事件の犠牲者数などの実態については資料の上で疑問点が出され、今日でも研究が続いている」をすっぽり落としている。

「南京戦」「南京攻略」「南京陥落」の際に日中双方に犠牲者が出たのは戦争だから当然である。それをわざわざ「日本軍によって中国の軍民に多数の死傷者が出た(南京事件)」などと書くのは、日本軍による不法殺害を認めた記述である。
 
「なお、この事件の犠牲者数などの実態については資料の上で疑問点が出され、今日でも研究が続いている」と付記することによって、不十分だが、かろうじてバランスを保っていた。それを削れば、「虐殺」という言葉は使わないものの虐殺があったと言っているのと同じである。

今回の記述変更で、藤岡信勝の化けの皮が完全に剥がれたと言えるだろう。

参照サイト
 ★南京事件への疑問を削除した自由社版教科書-記述検証〈1〉
スポンサーサイト
自由社版中学校歴史教科書の代表執筆者で「新しい歴史教科書をつくる会」会長の藤岡信勝拓殖大学客員教授(つくる会HPで教授と詐称)と親密な関係にあった増田俊男という人が、きのう警視庁から東京地検に書類送検された。
 

サンラ・ワールド実質経営者ら2人を書類送検
 
投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)が未公開株の販売を無登録で仲介したとされる事件で、警視庁は21日、同社の実質経営者で「時事評論家」の増田俊男容疑者(73)、その妻で同社社長の江尻真理子容疑者(60)の2人と、法人としての同社を金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで東京地検に書類送検した。
発表によると、2人は2007年10~11月頃、有価証券販売業の登録をせずに、宮城県内の60歳代の女性医師ら10人に、カナダに本社があるIT企業の未公開株計108万株の販売を仲介し、代金計約6200万円を増田容疑者が管理する海外の銀行口座に送金させた疑い。調べに対し、2人は容疑を認めているという。

(2011年4月21日19時53分 読売新聞)

 
これまでもお伝えしてきたが、藤岡信勝と増田俊男の関係をおさらいしておく。
 
藤岡信勝は平成10年12月12日、増田俊男を自由主義史観研究会の会合に招いて「増田俊男先生」と称賛している。
 

藤岡・増田ビデオ
 
■動画はこちら
 
藤岡信勝
それでは第3部ということで、今までのディベート、それから、さまざまな発表あるいは、ビデオなどをご覧いただきました上で、増田俊男先生に、どういうふうにこれと戦っていくかというふうなヒントになるお話をいただきたいと思います。
私のほうから一言だけご紹介しますと、増田先生は20年ほどアメリカで事業をなさって、成功されまして、ハワイに渡ったときに、ハワイの原住民の土地返還闘争にたまたま出合われて、そして、それは単にスローガンを叫ぶだけではなくて、アメリカの裁判所に、アメリカ人が不当に奪った、百数十年前にですね、奪った土地を、それは不法なんだということをですね、アメリカの論理で戦って、戦うべきだということを提案されて、そしてハワイの人たちと一緒になってですね、返還闘争、裁判闘争を見事に勝利に導いた。そして、そのことによって、最後アメリカの大統領にも、これは犯罪だったということを認めさして、謝罪させるというふうな、そういう成果を勝ち取ったご経験の方でいらっしゃいます。
そういうことを元にして、今の日本の在り方について、いろんなご提言をなさっていらっしゃいますが、その詳しいことはぜひ、先ほども紹介しました『日本はこれから良くなる』という本をお読みいただきたいと思いますが、その増田先生に私たちのやっていることをですね、お忙しい中、時間を割いていただいて、ご覧いただいた上で、ぜひコメントいただきたいとお願いしたわけでございます。30分以内というぐらいの時間でお話しいただけますでしょうか。じゃあ、よろしくお願いします。
 
増田俊男
藤岡先生のご活躍をですね、私はただ、本当に尊敬しておりまして、この前、藤岡先生のお宅へお邪魔しまして、いろいろお話を聞いたんでありますが、私は心から、藤岡先生、それから、きょうの講演をされました先生方を尊敬しておりまして、私のような者にできることがあれば、どんなことでもしたいと、こういうふうに思っております。


また、藤岡信勝は自らのブログ「藤岡信勝ネット発信局」の平成18年4月28日付で増田俊男が発行する雑誌への寄稿をブログに転載し、次のように感謝の言葉を捧げている。

藤岡ブログ
 
以上の文章は、会員制月刊雑誌『力の意志』(サンラ出版)06年5、6月号に「〈亡国の法案〉戦時性的強制被害者問題解決促進法案」と題して、2回にわたって掲載したものです。転載の許可をいただいた同誌と増田俊男氏に謝意を表します。


藤岡信勝は平成14年12月16日、詐欺集団「ジー・オーグループ」の被害者から「広告塔のあんたにも責任がある」と東京地裁に提訴されたときに「そんな人だとは知らなかった」と弁明した。増田俊男の件も「私の周りにはそういう人ばかり集まってきます」「私は人を見る目がありません」で済ませるのだろうか。
3月30日、扶桑社版を継承する育鵬社版教科書と、「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)というサークルの自由社版教科書が検定に合格した。
 
育鵬社版の監修は渡部昇一先生で、正統保守待望の教科書になっているようだ。今月下旬の市販本発売が楽しみだ。
 
 参考→ ★渡部昇一監修の育鵬社版教科書が検定合格
 
一方の自由社版だが、つくる会会員から「西尾幹二先生が嘆く内容だ」という声が拙ブログに寄せられている。別に西尾が嘆こうが喜ぼうが関係ないが、「西尾幹二先生が嘆く内容」がどういう意味なのか、市販本がもし出たら本屋で立ち読みしたい。
 
ところで、下に載せたのは自由社の最新の登記簿である。
自由社登記簿
 
取締役 石井弘子 平成22年10月31日辞任」とある。
 
拙ブログは、藤岡信勝氏に請われて自由社の取締役教科書編集室長を務めていた松本謙一氏(元「新しい歴史教科書をつくる会」東京支部長)が、藤岡氏および自由社の実権を握る売れない推理作家、石井竜生氏(本名・石井龍雄)によって自由社を追放され、その後、松本氏側スタッフが不払い報酬の支払いを求めて自由社を提訴した事実などを伝えてきた。
 
 自由社教科書編集室長からの告発メール
 自由社幹部「藤岡信勝は所詮屯田兵の末裔」…元役員からのメール
 独占入手 自由社元役員が法廷に出した陳述書(上)
 独占入手 自由社元役員が法廷に出した陳述書(下)
 
石井弘子氏というのは、石井竜生氏の妻(同じく売れない推理作家で、ペンネーム井原まなみ)である。
 
↓『日本推理作家協会会員名鑑』(日本推理作家協会)より
日本推理作家協会会員名鑑より
 
石井竜生氏は去年の夏ごろまで「自由社出版部長 石井龍雄」の名刺で仕事をしていたが、最近、東海道線で見かけないと思ったら、夫婦で自由社を辞めていたのである。
 
藤岡信勝氏は、左翼時代から現在に至るまで、周りからどんどん人がいなくなっている。たまに新たに近寄ってくる人もいるが、いずれいなくなる…。
 
藤岡氏は左翼時代に横浜市栄区の公務員住宅に住んでいたころ、自然食品共同購入の会で石井夫妻と知り合ったという。石井夫妻は最後まで藤岡氏の側近だと思われていたが、少なくとも仕事上は離れていった。
 
西尾幹二氏はブログで、故坂本多加雄「つくる会」理事が語った次のような言葉を回想している。
 
「藤岡さんは次々と人を追及し、弾劾して、あれでは最後には自分以外はひとりもいなくなってしまうよ」
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。