藤岡信勝研究
「新しい歴史教科書をつくる会」前会長、元拓殖大学非常勤講師の藤岡信勝先生の業績や関連団体について多角的に研究
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(注)このエントリの初出はイザ!ブログです。

昨年4月9日付エントリで、「新しい歴史教科書をつくる会」が自由社から検定申請した教科書が516か所の欠陥を指摘されて不合格となった後、再申請して、なお136か所検定意見が付いてやっと合格したことを指摘した(自由社版が一度不合格になった事実を「つくる会」は今も隠している)。
 
すると、すぐに「つくる会」支持者がコメント欄でイチャモンを付けてきた。
 
■昨年4月9日付エントリ
 
「検定意見が膨大になったのは旧字体を使ったからだ」などと事実無根を述べ立て、「お前はなぜつくる会を批判するのだ」という意味のことを書いて、藤岡「つくる会」を擁護していた。
 
私たちはこの男のことを調べて、しかるべき機関の人間に情報提供しておいた。
 
それと関係あるかどうか分からないが、この男(関西在住)は最近検挙された。イザ!ブログで、ある人の殺害予告を行ったからだ。
 
以下は犯行の書き込みである(被害者名などは消した)。
198.jpg

 
同じイザ!の仲間がこのようなことになって残念だ。イザ!当局に近い人の話によると、この男のブログはすべて削除された。
 
「つくる会」をめぐっては、さまざまな刑事事件があった(ネットから転載・修正)。
 
●国立市議脅迫事件など
平成14年1月16日、警視庁公安部は東京都国立市の「つくる会」教科書不採択に端を発した教育委員の再任問題をめぐって自民党市議に危害を加えることをほのめかす文書を送るなどしたとして、暴力行為法違反容疑で右翼活動家F氏と保守系市民運動家K氏を逮捕した。2人は前年に横浜市で開かれた「7・7盧溝橋事件のつどい」を妨害したとして、既に神奈川県警に威力業務妨害容疑で逮捕されていた。
横浜の事件で逮捕された容疑者の中には、右派運動のさまざまな場面で顔を出す西村修平氏もいる。西村氏は横浜の事件で逮捕された後、岡山県華僑総会を脅した容疑で岡山県警にも逮捕されているが、そのときのことを次のように述懐している。このころから「つくる会」は警察当局からマークされていたのだ(文中の神保町は本郷の間違い)。
http://www.ch-sakura.jp/oldbbs/thread.html?id=105048&page=3&genre=sougou
> 神奈川県警に逮捕される前から、岡山県警は既に神保町の「作る会」事務所を張っていた。
>小生と「作る会」に何らかの接点を作り、家宅捜査に乗り込む様子がありありとうかがえた。
> 岡山県警は、独自に小生宅の家宅捜査とともに、勤務先も家宅捜査し、何かを探しまくって
>いた。作る会本部事務所の家宅捜査に持って行きたかったのだろ。
 
●西村真悟事件をめぐる証拠隠滅事件
平成17年12月16日、大阪地検特捜部は西村真悟衆議院議員の弁護士法違反事件に絡む証拠隠滅容疑で、「日本真悟の会」副幹事長で西村事務所顧問の鈴木尚之氏を逮捕した(起訴猶予)。鈴木氏は翌年6月、「つくる会」の事務局長に就任した(現職)。
 
●沖縄県民大会参加高校生への脅迫事件
平成19年、「日本教育再生機構・教科書改善の会」を騙る脅迫状が自由法曹団などの団体・個人に複数回送り付けられた。「自称被爆者、自称元従軍慰安婦など老人は昔話をやめよ。利用されるだけだ。黙って早く死ね」とか、「9・29検定撤回沖縄県民大会」でメッセージを読んだ高校生2人の実名を挙げて脅迫したり、集団自決は軍の命令だったと文科省に自主訂正を行った教科書執筆者に対し「身の安全を保障しない」と脅している。警視庁が犯行事実を把握しているとされるが、容疑者は検挙されていない。
 
●小学校長脅迫事件
平成21年4月4日、兵庫県警は「入学式の日に街宣車で来る」などと小学校の校長を脅したとして、暴力行為法違反容疑で増木重夫、遠藤健太郎の両容疑者を逮捕した(増木容疑者は起訴、遠藤氏は略式命令で罰金刑確定)。増木被告は「つくる会」と「自由主義史観」研究会の古参会員で、藤岡信勝、加瀬英明氏らが名を連ねる「教育再生 地方議員百人と市民の会」の事務局長。遠藤氏も「歴史認識は自由主義史観」と表明している。

 
「つくる会」は警視庁公安部にウオッチされているという情報もある。
■つくる会、警視庁公安三課が興味津々(二階堂ドットコムH20.12.25)
■あとで警察庁はレクしてください。(二階堂ドットコムH21.2.2)
 
八木秀次氏は言いがかり訴訟を起こされたあげく、脅迫され、警視庁に相談している。
■藤岡信勝氏による民事提訴の最高裁決定に当たって(H22.1.14)
「この間、原告の藤岡氏やその支援者らは、私や関係者をあたかも犯罪者であるかのように繰り返し誹謗中傷し、実力行使を示唆するような言動さえありました。あまりのエスカレートぶりに一時は警察の勧めもあって、自宅が厳重警備対象になったことさえあります」

ほかにも「つくる会」関係者をめぐる被害届や告訴状がいくつか出ているはずだ。
 
次に捕まるのは誰だろうか?
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。