藤岡信勝研究
「新しい歴史教科書をつくる会」前会長、元拓殖大学非常勤講師の藤岡信勝先生の業績や関連団体について多角的に研究
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「新しい歴史教科書をつくる会」会長の藤岡信勝氏(現在、拓殖大学客員教授)が八木秀次氏を訴えた訴訟(最高裁で敗訴確定)と、藤岡氏や西尾幹二氏らが扶桑社を訴えた訴訟(東京地裁で敗訴確定)でいずれも原告側代理人を務めた福本修也弁護士(元東京地検検事)が、韓国紙「世界日報」(日本の世界日報と同様、統一教会の日刊紙)に取り上げられていたので日本語訳を掲載する。
 
福本修也弁護士は「拉致監禁被害救済専門家」だそうである(面白い肩書である)。ちなみに「拉致監禁」とは北朝鮮による日本人拉致とは全く関係なく、統一教会信者を家族が連れ戻す行為を統一教会側が非難するときに使う用語だ。福本弁護士は「拉致監禁」被害者が刑事告訴する際の代理人を務めている。

韓国「世界日報」12月2日付
福本修也

韓日指導者ら「統一教会員拉致」糾弾
日本議員会館で国際シンポ 政治・宗教界など100人余り参加

 
日本の国会で1日、統一教会信者らに対する「拉致監禁・強制改宗」を糾弾して、日本政府の断固たる司法処置を促す声が鳴り響いた。
韓日両国の政界、宗教界、言論界の指導者100人余りはこの日、東京の衆議院第1議員会館会議室で国際シンポジウム「信教の自由と人権問題を語る」を開いた。
参加者は「先進国の中で唯一日本だけで、信仰が違うという理由で人を拉致して強制改宗させる犯罪行為が横行しているにもかかわらず、日本政府と社会が沈黙している」とし、「日本政府と社会が根本的防止策を用意しなければならない」と要求した。
拉致監禁被害救済専門家の福本修也弁護士は「これまで日本で4300件余りの統一教会員の拉致監禁が発生したのに、警察は一度も家宅捜索をせずに証拠隠滅を助けるなど、警察が自らの役割をできずにいる」とした上で「日本の伝統的家族価値観もこの問題の解決に壁となっている」と指摘した。
福本弁護士は「拉致被害防止のため、捜査と処罰が強化されるように刑事訴訟法を改正する一方、こういう実状を市民らにきちんと知らせて社会的認識を変える大衆的運動が必要だ」と話した。
(以下略)


 関連記事
 藤岡信勝の代理人弁護士が霊感商法事件の公判で言われたこと
 藤岡信勝氏の元代理人弁護士が活躍中
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。