藤岡信勝研究
「新しい歴史教科書をつくる会」前会長、元拓殖大学非常勤講師の藤岡信勝先生の業績や関連団体について多角的に研究
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「新しい歴史教科書をつくる会」というサークルの理事、藤岡信勝を支持する「つくる会」茨城県支部の川又和敏という老人が「ご隠居様の独り言」というインチキなブログを開設していることに対し、3日付で「いい加減デタラメはよせ。川又和敏」と警告しておいた。このブログ、一話で完結していないので、一体いつの話なのかさっぱり分からないのだが、なんと6年前の平成18年のことを書きなぐっている。
 
そのデタラメぶりはとどまるところを知らない。きょう6日付でもこんな嘘をついている。

「ご隠居様の独り言」平成24年11月6日付
大口寄付者への寄付金返還要求の提出を働きかけたのもこれまたひどいものです。彼等(引用者注:八木秀次氏ら)の悪知恵は止まるところを知りません。
東条由布子氏(東条英機元総理の孫)からつくる会に8千万円の寄付があった。これを返せと言っている、と八木派の新田理事が評議員・支部長合同会議で言いました。私は会に出席していましたから直に聞いて、一旦出したものを返せというのはおかしい、と思ったことを覚えています。



八木秀次氏らが「新しい歴史教科書をつくる会」への大口寄付者に対して、会に寄付金返還を求めるよう働きかけた…。証拠を示してから言うべきである。
 
そして、その働きかけを受けて東条英機元首相の孫である東条由布子さんが「8000万円返せ」と言ったと、新田均理事が指摘した…。
 
そんな話は初耳だ。
 
東条由布子さんはいろいろな愛国的運動をしていて、一生懸命お金を集める側の人である。「新しい歴史教科書をつくる会」なんぞに8000万円も寄付するはずがない。返還要求したなどと言うのは、大変な名誉毀損である。
 
「私、ボケてますから」では済まされないぞ、川又和敏。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。