藤岡信勝研究
「新しい歴史教科書をつくる会」前会長、元拓殖大学非常勤講師の藤岡信勝先生の業績や関連団体について多角的に研究
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤岡信勝の肩書詐称驚いた。きょうの産経新聞の高校教科書検定の記事に「拓殖大学の藤岡信勝教授」とある。拙ブログ読者ならご存知の通り、藤岡信勝は4年前の平成21年3月に拓殖大学を退職しており、教授ではない。そもそも「正論」欄や月刊「正論」が藤岡信勝を干すと決めた産経新聞がなぜ藤岡を使ったのか不思議だが、それはさておき教授じゃない人間を「教授」と書くとはとんでもない間違いだ。
 
拙ブログで何度も取り上げてきたが、藤岡信勝は拓殖大学を退職した後、非常勤の「客員教授」でしかなかったが、ネット上で指摘されるまで1年半にわたって「拓殖大学教授」と詐称し、論文を発表していた。
 
■藤岡信勝、オマエ客員教授じゃないか!
■「藤岡信勝の肩書詐称」に言論弾圧
■「新しい歴史教科書をつくる会」会長のセコい肩書詐称/二階堂ドットコム
■チャンネル桜が「客員教授」に変更【藤岡信勝の肩書問題】
■あした「客員教授」デビューですか? 藤岡信勝先生
■藤岡先生は客員教授だったんですね? チャンネル桜キャスター一同
■検定申請でも肩書きを詐称した藤岡信勝(客員教授なのに「教授」)
 
今回また肩書を詐称して「拓殖大学教授」として新聞に登場したわけだ。だが「教授」に復帰したという可能性もあるかもしれないと拓殖大学ホームページの教員紹介ページで調べてみた。
藤岡信勝は拓殖大学工学部非常勤講師

な、な、なんと藤岡信勝の今の肩書は「工学部非常勤講師」である
 
渡辺利夫学長に近い筋に聞いたところ、平成23年4月から「工学部非常勤講師」なのだそうだ。
 
藤岡信勝は「私は拓殖大学日本文化研究所の客員教授です」と言っているそうだが、日本文化研究所の客員教授を検索してみると…
拓殖大学日本文化研究所に客員教授はいない
 
該当者なしと出る。日本文化研究所はほとんど実体がないようで、拓殖大学に電話して「日本文化研究所お願いします」と言っても「電話は…ありません」との返事だった。
 
いったいどういうつもりなのか。君はそれでも学者か。拓殖大学工学部非常勤講師の藤岡信勝クンよ。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。