藤岡信勝研究
「新しい歴史教科書をつくる会」前会長、元拓殖大学非常勤講師の藤岡信勝先生の業績や関連団体について多角的に研究
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拓殖大学工学部非常勤講師なのに客員教授だと言い張っている藤岡信勝センセイ(かつては教授と詐称していた)はこれまで計4回の民事提訴と刑事告訴を行っている。
 
 ①自らの共産党離党時期に関するデータを流布したとして八木秀次氏に損害賠償を求めて平成19年7月、東京地裁に提訴平成22年1月、最高裁で敗訴確定
 ②上記について平成19年秋、八木秀次氏らを業務妨害罪で東京地検に告訴平成21年不起訴
 ③扶桑社に歴史教科書の出版差し止めを求めて西尾幹二らとともに平成20年6月、東京地裁に提訴平成21年8月、東京地裁で敗訴確定
 ④自らの教科書記述の著作権を侵害したとして育鵬社、伊藤隆氏、八木秀次氏らを平成25年4月、東京地裁に提訴(敗訴の見通し)。
 
①~③の藤岡信勝側代理人は福本修也弁護士。④についても事前のやり取りで福本弁護士が登場しているので福本弁護士が代理人と思われる。
 
福本修也弁護士が東大原理研究会出身で1988年の世界基督教統一神霊協会(統一教会)の合同結婚式に参加した事実などについては拙ブログで再三再四紹介してきた。
週刊新潮平成21年10月22日号
 ■藤岡信勝の代理人弁護士が霊感商法事件の公判で言われたこと
 ■藤岡信勝の元代理人弁護士が活躍中
 ■警察を批判する福本修也弁護士(藤岡信勝客員教授の元代理人)
 ■統一教会「弾圧」と闘う藤岡信勝代理人弁護士
 ■文鮮明死去…藤岡信勝はどうすればいいのか
 ■藤岡信勝の代理人またも福本修也弁護士
 
藤岡信勝が代理人に福本修也弁護士を選び、連戦連敗しても使い続けていることについては「新しい歴史教科書をつくる会」の一般会員からも疑問の声が出ている。
 
その福本修也弁護士が新居をお建てになったという記事がネット上に出ている。
 「統一教会顧問弁護士、福本修也氏 .渋谷区松濤2丁目に地上3階建ての豪邸所有」
 「統一教会幹部信者弁護士が都内一等地に3億円(推定)豪邸を建設していた! 」
 
藤岡信勝非常勤講師が払った弁護士報酬は、トイレのドアくらいにはなっているのではないか。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。